top of page
  • 執筆者の写真森田葵/あおいも

スリランカへ、ジェフリー・バワの建築を見に行く


Lunuganga / Cinnamon Hill House

こんにちは、あおいもです。

スリランカへ行ってきました。


というのも、講師を務めている学校で、1年に一度の海外合宿があり、

その引率・・というよりは、自分の勉強と楽しみです。


スリランカの建築家、ジェフリー・バワ。

世界のリゾートホテルのデザインは、この人が原点とも言われています。

その名前を知ったのは、私は数年前くらいのこと。

それ以来、ずっと行ってみたいと思っていました。


スリランカにはたくさんの、バワ設計のホテルがあります。

インフィニティプールや、巨大な岩と一体化したホテル、などなどたくさん宿泊させてもらいました。


さて写真は、リゾートホテルではありませんが、

バワ自身が初めて手掛け、そして生涯にわたって設計を続け、かつ住み続けた

ルヌガンガ、「バワの庭園」です。


ここは、建築ではなく庭、庭でもなく

まさに今、自然に飲み込まれようとしている・・とでもいうような場所でした。


その一部に、バワの眠るお墓があり、

彼の最後の願いは、この場所が廃墟となり、そのまま自然に帰っていくこと、だそうです。


その話を聞いて、そんなところにお邪魔してしまい申し訳ない気持ちになりましたが、

自然と建築の融合、それ以上が経験でき、すばらしい体験となりました。


また、たくさん体験する中で、

「日本」を意識して考えていたプロジェクトに共通する考え方が、

いくつも発見できたのも私にとって、とても良いインプットとなりました。


ここには書ききれませんので、またいずれ。

bottom of page