top of page
  • 執筆者の写真森田葵/あおいも

敷地模型!

どんな風に打ち合わせは進むの?Part.2

1/100 敷地模型

こんにちは、あおいもです。


横浜市のプロジェクト。

前回の打ち合わせでは、ヒアリングと敷地調査を行いました。


その後我々のすることは・・・

まず、敷地模型を作ります。


建物の予定地だけでなく、周りの道路やその先の建物など、

周辺を取り込んで。

こうすることで、

全体像やスケール感、日当たりや周囲の視線など、

敷地の環境が具体的に把握できます。


今回は、南側に建物が隣接しているうえに、土地が高くなっているので、

日当たりが悪いことが課題です。

一方、敷地が広く、建物に対して庭が豊にとれるので、

外部と内部のつながりがポイント。


楽しんで検討していきます!

bottom of page